注目記事

腎臓機能が低下したら

看護師と医者

腎臓病の検査には即日で受けれるものと入院が必要となるものがある。検査結果から何が原因で腎臓病を起こしたかわかれば、その後は原発疾患の治療と腎臓病の治療となる。原発によっては大きな病院でしか治療が受けられない場合もある。

もっと

イチオシ記事

腎臓病とは何か

相談を受ける医者

腎臓病は今や成人の八人に一人が患う国民病です。腎臓は他の臓器と異なり、再生機能を持っていません。発病すると生涯に渡ってずっと付き合っていく病気でもあります。腎臓病の原因は生活習慣の乱れと言われています。

もっと

ピックアップ記事

腎臓病治療は食生活の改善

会話をする人々

腎臓病の症状を進行させないためには、日頃の食事が大切です。いまは宅配サービスというものも普及しています。また普段から時間を見つけて病院へ受診して体の状態を調べることも大事です。

もっと

透析治療と腎臓病

腎臓病に関するさまざまな情報が載っています。上手く付き合っていくためにも腎臓病知ることが大切ですよ。

日本でも発症数が多い肝臓がんの治療を行うならまずはこちらを御覧ください。最適な治療方法を学ぶことができますよ。

透析が必要になったら

腎臓病が進行してしまうと食事制限、内服治療のほかに透析による治療を行います。この透析治療は週に3回病院に通院しなくてはなりません。1ヶ月に換算すると約15日程度病院に行くことになります。 こうなると心配なのが治療費です。透析一回に必要な金額はおおよそ2万円ほどと言われています。そのため月に換算すると30〜40万円ほどかかります。しかしこれは何も補助を使わなかった場合の話です。現在は「長期特定疾病療養」という保険制度があるため、透析の回数が月2回以上の人は、上限が1万円だけですむのです。合わせて障害者手帳などの制度も使えば、透析だけにかかわらず、病院の治療費はかなり安くすることが可能です。しかし助成対象は都道府県や地区町村により異なることもあるため、自分が属する役所に確認をする必要があります。

腎臓病の治療の現在

腎臓病治療の歴史はこの100年で劇的に進化しました。100年前までは治療手段がなかったため、腎臓病は怖い病気と考えられてきました。現在では治療法が確立され、透析に必要な機械や技術なども高性能なものが整ってきています。また、重度の腎臓病に必要な腎臓移植などでも、手術技法の発達や手術に必要な機械の性能向上、副作用を抑える薬の発達などにより敷居が低くなってきています。 初期の腎臓病であれば内服と生活習慣の改善で進行を妨げることが可能です。まず第一に変える必要があるのが食事です。腎臓病になるとたんぱく質を制限する必要がでてきます。この食事制限がなかなか大変なのですが、現在は腎臓病に配慮した宅配食が普及してきています。またコンビニなどでも食品の栄養表示を細かく記載しているため、注意して購入すれば腎臓に配慮した食事ができるようになっています。