腎臓病とは何か

相談を受ける医者

腎臓病は今や新しい国民病とまで言われています。その数なんと千三百万人。二十歳以上の実に八人に一人の割合で腎臓病を患っているのです。偏った食事など不健康な生活から発症する生活習慣病との関連も深く、健康志向が叫ばれている今では、誰もが知っている認知度の高い病気です。 腎臓病は初期の段階では自覚症状が殆どありません。これが腎臓病の患者を増加させている主要な原因の一つでもあると言われています。腎臓病と診断された時には糖尿病など重い疾患を患っている場合が殆どです。 腎臓は他の臓器と異なり、ある程度まで病状が進行してしまうと腎機能が再生しなくなります。他の臓器には自己再生機能がありますが、腎臓にはそれがありません。重篤化した患者を治療するには腎臓移植しか方法がない、という事になります。

一度でも腎臓病を一発症すると完全な回復はできません。しかし、生活習慣の改善や食事療法、投薬治療で病状の進行を大幅に抑える事はできます。自覚症状が乏しい病気ですので、定期的に健康診断を受けるなどして早期発見・早期治療が可能な環境に身を置く事も重要です。 腎臓病が国民病とまで言われるようになった最大の原因は、ライフスタイルの変化による生活習慣の悪化と言われています。カロリーの高い偏った食事や暴飲暴食、昼夜逆転の生活や運動不足など様々な原因が腎臓に負担を掛けるのです。逆に言えば、所持の栄養バランスを整え、定期的に体を動かし、夜に十分な睡眠を取る事ができれば、それだけで腎臓病の予防に繋がるのです。誰にでも発症リスクのある病気ですので、改善できるところは改善していきましょう。